工業・産業用コンピューターでお困りではありませんか?

工業・産業用PCは、企業の生産活動に直結するまさに生命線。更新となれば莫大な費用と時間を費やす必要があり、想定外のトラブルはなんとしても避けなければなりません。

いくら耐久性の高い産業用PCとはいえ、工場内という過酷な環境で使用されているPCは、通常よりも頻繁に点検等を行う必要があります。また、整備しなくては当然消耗部品を含めいずれ寿命を迎えます。

また、なかなか壊れないがため、手つかずのまますでにメーカー保守が終了してしまっている、自社対応しようにも交換用のパーツが手に入らない、整備の依頼を検討しているが高額な見積もりのためなかなか着手できないでいるという事もあるかもしれません。

弊社では、これまでに培ってきた産業用PC・一般向けPC整備、データ復旧技術等を活かし、的確かつ安価な修理、メンテナンスサービスのご提供を致しております。

また、事情によりPC本体や部品の持ち出しが難しい場合でも、各種訪問サポートで培った現地修理対応のノウハウを活かしたフレキシブルな対応も得意としておりますので、故障対応、予防整備をご検討の際は、アミーズまでお気軽にご相談下さい。

産業用PCの修理・メンテナンス例

数年間、一度も点検・整備をしていない
浮遊物の堆積エアーブローによる清掃・各部品の点検が必要です。
単なる埃の吹き飛ばしだけではいけません。
堆積物の種類に応じた対応、静電気対策等が必要です。
状況に応じて基板洗浄も行います。
本体から異音の発生各部の冷却ファンには寿命があります。
使用状況に応じた定期的な交換が必要です。
ハードディスクの寿命ハードディスクは消耗品です。
使用開始から3年~5年程度で予防交換が推奨されます。
故障してからの対応ですと、データ復旧作業となり費用が高額となります。
電源ユニットの故障安定動作に不可欠な電源ユニットにも寿命があります。
高耐久品を除けば、使用開始から3年~5年程度での予防交換が推奨されます。
特殊形状、専用品等で交換が困難な場合は修理も行います。
旧式の設備で、メーカー保守がすでに終了している
部品構成の確認どのようなパーツが使用されているかの確認が必要です。
すでに製造が終了しているパーツの代替品の選定や調達を行います。
また、海外では入手できるパーツがあれば調達致します。
原因不明の動作異常等に悩まされている
各部品の点検・環境調査一見正常に思えるパーツでも特定の条件で問題が生じる場合があります。
部品やその動作環境の調査、改善策の提案等を行います。

旧式の設備もお任せ下さい

NEC PC-9801/PC-9821シリーズ(FC-9800シリーズを含む)等、現行のシステムとは構成が大きく異なるコンピューターの修理、メンテナンスには過去の経験と知識が重要となります。また、PC/AT互換機(DOS/V機)ベースの設備でも、Windows XP世代よりも古い世代になりますと、修理用部品の調達、選定にノウハウが必要になってくる事が多くあります。

《旧式PC整備実績の一例》
NEC PC-9801/PC-9821シリーズ、FC-9801/FC-9821シリーズ、FC98-NXシリーズ、東芝 FA3100シリーズ、各社PICMGシングルボードコンピュータ、横河YEWMACシリーズ、各社1990年代のPC、サーバー、ワークステーション等

弊社では、MS-DOS、Windows NT系、Windows 9x系、Windows 2000等の旧世代OSで運用中のPC、サーバーへの対応も迅速に行えるよう、検証用機材の確保等体制を整えております。